「留学」は浮気の原因になる危険性が

よく「海外に行くから」という理由で恋人同士が別れたり、どちらかが或いは両方が浮気に走ったりするということは割とよくある話だと思います。実際友達にもそういったことがありましたし、私自身にもあったのです。大学生のとき、私は一年間台湾に交換留学をしたのですが、出発前まで日本の大学で知り合った彼氏がいました。「SKYPEやSNSなどで連絡しっかりとり合おうね」と約束をしたものの、「自分たちの関係だけは大丈夫」と皆思いながらも大丈夫ではなかったりするのですよね。

やはり海外にいてお互い遠くにいる状態だと、どういった状況か全く見えていないということもあり、例え相手への気持ちが薄れていても薄れていなくても誰か少しでも魅力的な人と出会ってしまったらそちらの方に走ってしまう傾向があるのかもしれません。実際私は「せっかくの海外経験だし」と思い、現地で知り合ったクラスメイトの男子とも一対一で食事に行くことは多々あり、友達感覚であったもののかなり近い距離でのボディタッチもありましたね。きっと彼氏が見ていたら許していなかったようなことだったと思います。

最初のうちはメールやSKYPEなどで毎日のように彼氏と連絡をとっていましたが、徐々に私の方からマメではなくなり、彼氏の方もあまり連絡して来なくなったのです。ときどき不思議に思ったのです、彼氏の方から「最近何で連絡くれないの?」と言ってこないところを少しだけ意外に思いました。束縛するタイプではないからだと思っていましたが、甘かったです。彼氏の方も同じ大学で他の同級生と付き合っていたことを実は他の同級生からのメールで後から知ったのでした。

私はと言うと台湾で彼氏がいたわけではなかったのですが、クラスメイトの台湾男子や友達と遊びに行ったときに知り合った同世代の男子と女友達なしで出かけるなんていうことをしょっちゅうしていました。台湾では日本よりも異性同士も距離が近く、付き合っている関係ではなくても二人だけで食事することはよくあることです。

相手の方は異性として一緒に時間を過ごしているつもりはなくても、私の方は少しそういう気持ちになってしまっていたところがありました。台湾の男子は本当に優しいです、特に日本人女子には。ときには身体の関係がないにしても一夜飲み屋で男女二人だけで過ごしているときもありました。

結局日本に帰国した後には彼氏は他の女の子と私のところにやって来て「こういうことだから」と言ってきました。現実を突きつけられたことには少しショックながらも、実はそうなっていることは想像がついていたし人から聞いていたのでそういう意味では驚いたわけではありません。

帰国後は大学を卒業するまで結局新しい彼氏ができることはありませんでした。やはり留学するとなると元から付き合っている彼氏と関係を保つのは難しいですね。私の場合は一年間の留学だったので期間も長かったですし。


コメントは受け付けていません