20年に渡る麻薬的な関係

私は40歳で、妻と息子が一人います。
しかし私には20年以上付き合いのある浮気相手がいます。

私としては浮気相手という単純な感覚ではありません。

しかし身体の関係がある以上は浮気相手と言えるし、好きかと訊かれれば好きというのも少し違う感じです。

お互いもう40歳で、家庭もあります。

出会いはちょうど20年前、大学生時代の飲み会でした。

彼女は話してみると、盛り上がるというわけではないのですが、考え方も似ていて、居心地の良い感じでした。
初めて会ったのに、彼女とは波長が合うようでいつまでも話していたいと思いました。
そして私はその日、彼女をお持ち帰りしました。
その時もお持ち帰りの高揚感というよりは、家のベッドに帰って眠るというリラックスした感覚でした。

当時、お互い付き合っている人もおらず、このまま付き合っても良いのかなと思っていました。
しかし、お互いの家に入り浸りの生活をしていく中で、何かが違うと思いました。
どんどん怠惰になっていくのです。
あまりに居心地が良く、自分のダメなところを増長し合う関係でした。
もともと二人とも学校にしろバイトにしろ、やるべきことはきちんとやるタイプでしたが、一緒にいると全くやらなくなりました。
お互いを高め合うというのと全く正反対の関係だったと言えます。

その後、関係を改めて、お互いそれぞれの道を進み、二人とも彼氏、彼女を作ったのですが、年に2、3回どちらからともなく連絡を取り、会っていました。
ご飯を食べ、ホテルに行くこともありましたし、ご飯だけでダラダラ話して帰ることもありました。
それは大学を卒業しても、結婚しても続き、現在に至っています。

ただの身体だけの関係ならもっと早くに終わっていたと思いますが、とにかく彼女との時間は居心地が良く、何もする気が起きなくなってしまいます。
まさに麻薬のように中毒性でした。

今でも仕事や家庭でストレスが溜まった時などに、連絡をしてしまいます。
彼女もそうです。
リフレッシュするというよりは、思いっきり弛緩して、肩の力を抜くというのが近い感じです。
いつまで続くのか分かりませんが、私には重要な関係と言えます。


コメントは受け付けていません